教えて!オリジナルTシャツ作成の道しるべ

三角の画像

TOP > オリジナルtシャツの情報 > 最適な印刷方法を選んでオリジナルtシャツを作成しよう

最適な印刷方法を選んでオリジナルtシャツを作成しよう

 オリジナルtシャツは自分たちが作ったデザインをtシャツにプリントできます。
もしくは業者が用意しているテンプレートでデザインします。
初めての人が悩むことと言ったら印刷する方法でしょう。
様々なニーズに答えてプリント方法がたくさん用意されてますが、利用者はどれを選べばいいか分からないかもしれません。
迷う場合はポピュラーな印刷方法を選べば失敗しません。
まずは版の上にインクをのせ、tシャツに圧着させるシルクスクリーン印刷です。
必要な色ごとに製版するので、色が増えるたびに版代がかかります。
30枚以上と多くの数を注文するならむしろ安い価格で印刷できます。
数が少なくなると価格がむしろ高くなる傾向にあります。
その分、ラメプリント・蛍光プリントなどの特殊加工が施せます。
普通の色だけでなくPANTONEやDICなど通常とは違った色も可能なのがメリットです。
他とは違った個性的なオリジナルtシャツを作りたいときに向いています。


 1枚から出やすい価格で作成できるのがインクジェット印刷です。
こちらはtシャツに直接デザインをプリントしていきます。
製番が必要ないので小ロットから大ロットまで安くプリントできるのがメリットです。
写真やグラデーションの印刷も可能です。
ただし、蛍光色や金・銀の色は印刷できないので注意しましょう。
プリントの耐久性に優れているのが昇華印刷です。
デザインをまず転写紙にプリントして、印刷面をtシャツに圧着させます。
生地そのものにプリントが浸透するので、何回も擦れたり洗っても落ちないのがメリットです。
一時的でなくずっと使い続けたいなら昇華印刷がおすすめです。
こちらも写真やグラデーション印刷が可能ですが、金・銀・蛍光色は指定できません。
また、濃い色(ブラック・ブラウンなど)のtシャツには印刷できないのがデメリットです。


 通常、紙に文字や画像をコピーする時はモノクロよりカラー印刷の方が当然高いです。
しかし、オリジナルtシャツのプリントとなると若干違ってきます。
オリジナルtシャツの注文が30枚未満であれば、フルカラーでインクジェット印刷を行うほうが安いです。
一方で30枚以上は、むしろシルクスクリーン印刷が安くなる傾向にあります。
シルクスクリーン印刷ではデザインに合わせた版が必要となります。
1つ1つの版にも製作費用がかかるので、印刷単価が安くてもインクジェットよりも費用が高くなってしまうのです。
作成枚数が30枚未満で特殊加工を使わないなら、インクジェット印刷を選びましょう。
個人などの限られた範囲であれば、30枚は数として多いのでこちらで問題ありません。
無駄なコストを削減することにもつながります。
学校の体育祭や文化祭などで使うならシルクスクリーン印刷がお得です。
人数が多いほど安い価格で作成できるのでクラス単位ならこちらが最適です。

次の記事へ