教えて!オリジナルTシャツ作成の道しるべ

三角の画像

TOP > オリジナルtシャツの情報 > オリジナルtシャツを制作しよう

オリジナルtシャツを制作しよう

 学校行事や企業のPR活動に重宝されるのがオリジナルtシャツです。
独自のデザインが施されたユニフォームにすることで、グループの士気を上げることができます。
オリジナルtシャツを作りたい場合は専門のお店に頼むことになります。
最近ではインターネットを使えばいつでも注文することが可能です。
どの業者に頼めばいいかはその時の状況で変わってきます。
早めに仕上げて届けてほしいな、ら納期の早さを売りにしている業者がおすすめです。
団体だけでなく小ロットの注文もできます。
自分だけの個性的なデザインを重視するなら品質を重視する業者が適しています。
依頼するデザインや枚数によって納期は異なるので、事前に目安をチェックしておきましょう。
中には価格の安さを売りにしている業者もあります。
しかし、相場よりあまりにも安い場合、低品質であることも考えられるので十分注意しましょう。


 まずはどこの業者にするか決めましょう。
扱っている素材や価格はそれぞれ異なるので、目的に沿った業者を選びましょう。
迷うのなら複数の業者を比較しているサイトや口コミが役に立ちます。
オリジナルtシャツの素材は綿やポリエステルなどがあります。
体を動かす目的があるなら通期性の良い素材を選びましょう。
襟もポロシャツやVネックなど様々あります。
業者のホームページには詳細が掲載されているのでなるべく見たほうが良いです。
素材と同様にデザインも余裕をもって早めに決めましょう。
遅れるほど納期にまで時間がかかってしまいます。
自分で考えている場合は指定のファイル形式を送信します。
インターネットだけでなく郵送も行えます。
デザインに自信がない人はテンプレートがある業者を利用すれば安心です。


 デザインはきちんと決めないと見積もりを出せないので注意しましょう。
出た見積もりに納得がいけば制作に入ります。
また、本格的に依頼する前にデザイン案に間違いがないかも確認します。
特に名前やロゴなどの綴りを間違えたとしても後で修正できません。
届いた後に発覚しても修正できないケースがほとんどなので注意しましょう。
基本的なことですが、間違いをチェックするのはとても重要です。
印刷から納品までは早くて1週間以内、長ければ数週間程度かかります。
完了すれば指定の住所にオリジナルtシャツが届きます。
オリジナルtシャツは指定の基準を踏まえればどなたでも簡単に制作できます。
ただし、春や秋などイベントが重なる季節は業者も忙しくなります。
通常より納期が遅れる可能性もあるので、余裕をもって依頼することをおすすめします。

次の記事へ