マンションのキッチンをリフォームで注意は

マンションのキッチンをリフォームするときは、一戸建ての住宅に比べていろんな制約を受けることに注意をしなければなりません。まず最初の確認はキッチンの下にある上水道管の位置をずらせるかという点、次にコンロの上のレンジフードの排気ダクトをずらせるかの確認です。床下に設置される水道管は建物によっては工事で位置をずらせられない場合があります。水道管の位置をずらせなければ、流し台の位置も工事前の場所とほぼ同じ場所にしなければなりません。次にコンロの上のレンジフードは、今頃のマンションの場合はほぼシロッコ式に限られることです。シロッコ式は排気ダクトが外壁に通じていますが、それの位置もずらすことが可能か確認しなければなりません。出来なければレンジフードの位置はやはり工事前と同じ場所になります。なおレンジフードは安価な直接排気型のレシプロ式がありますが、これは新たに外壁に穴を開けなければならず、マンションではそれが事実上不可能になります。なぜなら外壁に穴を開ける行為は共用管理物を勝手にいじることになるからです。そのためレシプロ式は戸建て住宅に限られることに注意しなければなりません。

マンションのキッチンをリフォーム設備やデザイン

マンションに長年住んでいるとキッチンの設備なども古くなってきます。今はどんどん新しい設備ができていますし、それがあるだけで日々の疲れ方も違ってくるでしょう。またこれまでのキッチンだとデザイン面でも古く感じることもあるのではないでしょうか。スタイリッシュな空間で食事がつくれたら気分もいいはずです。キッチンのリフォームをすればデザインや設備なども含めてとりかえることができるでしょう。またその時に床も含めて張り替えたりすれば全体的な統一感もでてきます。床も汚れがつきにくいものもありますし、掃除しやすく工夫されているとそれだけで楽になります。どうせならカラーをあわせて一緒にしてもらうと助かるでしょう。キッチンは毎日使う場所ですし設備面だけでなくカラーやデザインなどにもこだわりたいです。予算でいうとだいたい100万以内におさめる場合が多いようです。

マンションキッチンをリフォームする

マンションを購入した時は最新の設備で使いやすかったキッチンも、時間とともに劣化してきてしまいます。設備などを新しくするべくリフォームを考えている人も多いでしょう。ただこの時に少し気を付けたいのは見栄えやデザインだけで選んでしまわないことです。やはりキッチンは毎日使う場所ですから使い勝手をしっかりと考えて選ぶようにしましょう。もちろんデザインも大事ですが、実際の使い心地が悪いとどうしようもありません。キッチンは特に一日の間にたくさんの時間を過ごす場所ですし忙しく動き回ることも多いです。ついデザインにばかり目がいってしまいますが、自分がそれを使ったときどうなのか、想像してみるようにしましょう。いくらデザインがよくても使いにくいのは意味がありません。チェックするポイントを決めておくと効率よく決められるかもしれません。